ソーシャルドッグ、まだ無料で使ってるの?有料プランでTwitter運用が激変する

【追記】ソーシャルドックの以下の機能については、Twitter 社からの要請のため、2020/2/21 以降新規の提供を終了したそうです。

  • アクション代行(自動フォロー)
  • キーワードフォロー
  • フォロワーコピー
  • ウェルカムメッセージ

フォロー・フォローバックを自動化することはできなくなりましたが、同じような条件でフォロワー候補やフォロワーを一覧化することは可能です。

  • 「Twitter運用初心者だけど無料で使えるソーシャルドッグが気になる」
  • 「ソーシャルドッグの無料プランと有料プランの違いが知りたい」
  • 「結局のところ、ソーシャルドッグは無料か有料どっちがいいの?」

Twitterをビジネス目的で運用するために、現在ソーシャルドッグ(SocialDog)を利用している。

または、これから利用を検討しているあなたへ。

ソーシャルドッグには無料プランと有料プランがありますよね。

でも、いまいち両者でできることの違いがわからない人も多いのでは?

無料で使えるなら、それでいいと思うかもしれませんが・・・

確実にフォロワー数を増やし、快適なTwitter運用をしたいのであれば、僕は間違いなく有料プランをおすすめします。

僕はソーシャルドッグの無料プランから有料プランに移行して、Twitter運用の効率化。

そして、すばやい収益化に成功しました。

この記事では、

  • ソーシャルドッグの無料・有料プランでできること
  • 有料プランを使う大きなメリット
  • 有料プランの使い方
  • 有料プランの解約方法や割引になる方法

などについて、お話していきます。

ソーシャルドッグの有料プランで得られるメリットは、かなり大きいですよ。

>> ソーシャルドッグの公式サイト

ソーシャルドックの無料プランでできること

ソーシャルドックの無料プランでできること

ソーシャルドッグの無料プラン(Liteプラン)で使える機能は、以下の3つです。

  • 予約投稿 10件
  • キーワードモニター 3件
  • 分析可能期間 3ヶ月

ツイートを投稿したい日付や時間を選んで、ねらった時間にツイートできる予約投稿。

これを目当てに、ソーシャルドッグを利用している人も多いはず。

エンゲージメント率が高くなる時間帯にツイートすることは、Twitter運用の基本中の基本ですからね。

キーワードモニターとは?

好きな言葉を設定しておくと、その言葉を含んだツイートを探し出し、受信箱にまとめておいてくれる機能**のこと。

たとえばプログラミングサービスを提供しているアカウントが、プログラミング初心者をフォロワーにつけたい場合。

「プログラミング初心者」

「プログラマーとつながりたい」

などのキーワードを設定しておくことで、受信箱には、その言葉を含むターゲットのツイートが集まります。

あとはそれらのツイートに、いいねやフォローなどのアクションをするだけ。

自分で時間をかけてターゲットを探し出す手間がはぶけます。

また、フォロー・フォロワー数の推移やエンゲージメントの分析に関して。

無料プランであれば、過去3ヶ月分まで表示させることができます。

ただ、使ってみると実感すると思いますが、予約投稿10件だったりキーワードフォロー3件という数。

これは、ビジネスでTwitter運用するには、正直足りません。

予約投稿やキーワードフォローがどんなものかが体験できる、といった程度です。

「もう少し件数が多かったら便利なのに・・・」は、有料プランでかなうこととなります。

ソーシャルドックの有料プランでできること

ソーシャルドックの有料プランでできること

ソーシャルドッグの有料プランは、「Businessプラン」「Proプラン」「Lite+プラン」の3種類。

各プランごとに料金も使える機能も変わるので、以下の表にまとめました。

Businessプラン Proプラン Lite+プラン Liteプラン(無料)
利用料金(年額払い) 9,800円/月 4,890円/月 980円/月 0円
利用料金(月額払い) 12,800円/月 5,980円/月 1,280円/月 0円
14日間無料トライアル ×
分析可能期間 無制限 2年 1年 3ヶ月
高度な分析機能 × ×
予約投稿 無制限 無制限 30件 10件
高度な予約投稿 ×
キーワードモニター 100件 100件 10件 3件
1日の上限フォロー数 無制限 無制限 250件 25件
1日の上限いいね数 無制限 無制限 100件 10件
1日の上限リツイート数 無制限 無制限 100件 10件
高度なフォロー管理機能 ×
リツイートユーザー一覧(beta) × ×
CSVダウンロード × ×
複数ユーザーでの管理 × × ×
ハッシュタグ検索(beta) × × ×

分析可能期間や分析機能について

まず大きく変わるのが、分析可能期間。

Businessプランには制限がないので、運用開始時点から分析・比較することが可能です。

長期的な戦略を立てたい場合には、便利ですね。

分析機能に関しても、BusinessプランやProプランにすると・・・

自分のフォロワーのフォロー継続率やフォロバ率など、より高度な分析ができますよ。

ただ個人でアカウントを運営している場合。

そこまで多岐にわたって分析してくれても、正直なところ全部は追えないでしょう。

予約投稿やキーワードモニターについて

予約投稿やキーワードモニターについては、プランが上がるにつれ、できる数が増えます。

予約投稿数については後ほどお話しますが、30件以上あれば毎日の運用に支障が出ることはありません。

キーワードモニターも、無料版ではたったの3件しか表示されなかったものが、Lite+プランで10件。

その以上のプランでは100件まで表示されます。

ぜひ積極的に活用していきたいところです。

どのプランが向いているか?

というわけで、BusinessプランとProプランは個人でも使えますが、基本的には企業向けです。

より便利な機能もあるけれど、おそらく個人では使いこなせないでしょう。

高い料金を払っても使えないんじゃ、意味がありませんよね。

ですから1人で運用する分には、Lite+プランで充分快適です。

ちなみに、どの有料プランもソーシャルドッグ公式サイトより14日間の無料トライアルができます。

気になるプランがあったら気軽に試してみてください。

有料プランを使うべき理由

有料プランを使うべき理由

無料プランではできることが少ない

僕はTwitterをビジネスに活かして本格的に運用するなら、有料プランを使うべきだと思っています。

無料プランでは、できることが少なすぎるんです。

例えば便利な予約投稿だって、無料プランなら10件しかできない。

僕は1日平均、10ツイートくらいしているんですが・・・

無料ブランだと1日分のストックしかできないため、忙しくてTwitterができない日に対応できないんですよね。

またキーワードモニターに関しても、ヒットしたユーザーがたった3件しか表示されないのでは、集客にはつなげにくいです。

有料プランでTwitter運用が快適に

有料プランでは、30件以上の予約投稿ができます。

僕からしたら、3日間分のツイートストックが可能なので、無理なく運用できるんですよ。

さらに有料プランはで、より多くのキーワードモニターを確保。

いいねやリプライ、リプライの返信作業

「アクティブユーザー」や「FF比が低いユーザー」など。

フィルターをかけることで、自分をフォローしてくれそうなユーザーをたくさん絞り込むことができます。

集客やマネタイズは、ツイートのタイミングと継続、そしてしっかりターゲットに訴えかけることが命。

それらの運用を半自動化できる有料プランにすれば、Twitterにかける時間を大幅に減らせる。

すると他の作業に集中できるため、さらなる収益化を期待できるんです。

実際のところ有料プランを使ったらどのくらい変わるのか?どの程度時間が捻出できるのか?

実際のところ有料プランを使ったらどのくらい変わるのか?どの程度時間が捻出できるのか?

僕は現在、ソーシャルドッグの旧Basicプランを利用しています。

ソーシャルドッグは、2020年8月11日に料金プランが新しくなったんですよ。

旧Basicプランは、今のプランに当てはめると、Lite+プランとほぼ同じ。

僕は有料プランにしてから、TwitterのPDCAがとにかくラクにまわせるようになりました。

そこでここからは、僕がソーシャルドッグの有料プランにしてみて、Twitter運用がどのくらい変わったか。

そして、どれくらい他の作業にまわせる時間を捻出できたのかについて、お話します。

ツイートにかかる時間

ツイートにかかる時間

ツイート時間がバラバラで無駄時間が発生
→反応の良い時間にしぼってツイートできることで大幅短縮

1件1件自分でツイートしていた頃は、起床・就寝時間や作業の合間にしていたので、ツイート時間が毎日バラバラ。

しかもTwitter開くと、ついつい流れてくるタイムラインを眺めてしまったり、回遊が止まらなくなって、無駄な時間が発生していました。

あるあるですよね(笑)

でも有料プランで、好きな時間に予約投稿できるようになると・・・

アクティブユーザーが多い時間をねらってアプローチできるようになります。

そして1日最大30件まで予約投稿ができるようになると・・・

ツイート作成時間をタスク化し、まとめて一気に作業。

これでかなり効率化することができましたよ。

フォロー管理

フォロー管理

時間がかかりすぎる、むやみにやると垢バンの心配も
→Twitterルール順守のうえ自動化できるので安心してまかせられる

FF比を整えるのに、フォロー対象、フォロー解除する人を探す作業は必須。

でも1件ごとに考えたり判断に迷ったりするので、とにかく時間がかかるんですよね。

むやみやたらフォローしまくると、制限や垢バンされる可能性もあるし。

これも有料プランにすることで、かなりラクになりましたよ。

アクション代行の自動フォロー機能があるから、最初に条件設定さえすれば、あとは放っておいてOK。

条件に合ったフォロワーが勝手に増えていくし、非アクティブなフォロワーの解除なども自動でやってくれる。

だから、FF比が悪くなることがないんです。

しかもTwitter公式による、Twitter運用や自動化のルールを守った上でアクションしてくれます。

そのため、制限や垢BANになる心配もありません。

  • 判断に迷うことがない
  • 作業の手間がかからない
  • 正確で安全

これならフォロー管理も、安心してまかせられますよね。

いいねやリプライ、リプライの返信作業

いいねやリプライ、リプライの返信作業

いいね・リプライ・返信作業は手間ばかり
→一覧化できて、効率的にターゲットへアプローチ

Twitterのタイムラインから、いいねやリプライ(コメント)、リプライの返信作業をするのは本当に大変。

タイムラインや多くのユーザーの中から、ターゲットを探す手間。

文面を考えてリプライをする手間。

通知をさかのぼって返信する手間。

手間だらけなんですが、ターゲットユーザーやフォロワーとコミュニケーションをとることは、Twitter運用には不可欠なんですよね。

ソーシャルドッグの有料プランなら、ユーザーのフィルタリングや、フォロワーの並び替えなどができるようになります。

一覧化できることで、ターゲット層へより効率的にアプローチできるんですよ。

高度な分析

高度な分析

アナリティクスは期間指定できず分析項目も少ない
→データ量が豊富なので戦略が立てやすく精度も格段にUP

ソーシャルドッグの有料プランに加入するまでは、Twitter分析をアナリティクスでおこなっていました。

でもアナリティクスは期間の指定ができないので、パフォーマンス変動がわかりづらく、使いにくかったのが正直なところ。

あとごちゃごちゃしていて、見づらさも・・・。

僕の使っているソーシャルドッグの有料プランならそんな悩みも大幅に解決!

1年分のデータを分析できる上、アナリティクスでは見られないデータを含む、以下の分析ができます。

これだけあれば、戦略の精度は相当高くなりますよ。

フォロワー獲得分析

  • フォロワー推移
  • 新規フォロワー推移
  • フォロワー解除推移
  • フォロー推移
  • 新規フォロー推移
  • フォロー解除推移

フォロワー分析

  • 公開/非公開
  • ツイート数
  • フォロワー数
  • フォロー数
  • どちらからフォローしたか
  • いいね数
  • リスト
  • Twitterアカウント作成年
  • 性別
  • 年齢
  • ボット/人間
  • 成人向け/通常
  • 最終ツイート日の分布
  • フォロー開始月の分布
  • 性別年齢分布

ツイート分析 

  • ツイート数
  • いいね数
  • リツイート数
  • 時間帯別ツイート
  • 時間帯別いいね
  • 時間帯別リツイート
  • ツイート種別分析

その他

スラック(Slack)との連携や、ウェルカムメッセージ(自動でDMを送る機能)、RSS連携機能などもあります。

Businessプランなら人気ハッシュタグの検索・抽出・分析なんてものまでできるので、ツイートで狙った効果をだすのはめちゃくちゃ簡単になるでしょう。

基本はPC版、外出時はスマホアプリで使う

ソーシャルドッグはスマホアプリもあります。

スマホアプリ併用でより便利に使う

外出時にアプリもあると確認や予約ツイートなどは若干ラクになるので、いれておくと便利です。

ただし、基本的な作業はPC版でやった方が、使い勝手もいいし、多くの機能が使えます。

解約方法は?プラン変更はいつでも簡単にできる

ソーシャルドッグの有料プランに加入していたが解約したい場合や、プランを変更したい場合。

解約・変更手続きはめちゃくちゃカンタンです。

解約方法は?プラン変更はいつでも簡単にできる

  1. ソーシャルドッグを開き、右上の「・・・」をクリック
  2. 「プラン/支払い」を選択
  3. 現在のプランが表示されるので「プラン変更」「解約」のどちらかをクリック

あとは、案内にしたがって手続きするだけです。

クレジットカード払いなら、これで解約完了となります。

もしもApple ID決済にしている場合は、**iPhoneの設定からApp Storeを開き、「SocialDog」の登録のキャンセルをもって完全に解約完了(登録停止)となります。

忘れずにおこないましょう。

ソーシャルドックを安く使う方法。年額払いで割引に

ソーシャルドックを安く使う方法。年額払いで割引に

ソーシャルドッグの有料プランは、

  • 毎月利用料金を支払う月額払い
  • 1年分の利用料金を一括で払う年額払い

以上のどちらかを選ぶことができます。

もしも途中でTwitterを辞める可能性があるのであれば、月額料金なら無駄にはなりません。

ですが長期的に運用することがわかっているのであれば、年額払いの方が断然お得ですよ。

たとえばLite+プランは月額払いにすると1,280円なんですが、年額払いなら、ひと月あたり980円。

月額払いより、20%も割引された料金で利用できます

ソーシャルドックでTwitter運用がめちゃくちゃラクになる

ソーシャルドックでTwitter運用がめちゃくちゃラクになる

  • ソーシャルドッグの無料プランでできることは少ない
  • BusinessプランとProプランは企業向け
  • 予約投稿は有料プランで30件以上できると便利
  • フォロー管理も自動化でき、その分の時間を作業にあてられる
  • 有料プランではアナリティクスよりもかなり細かく分析できる
  • PC版とアプリ版を併用することでより便利に・・・
  • プラン変更や解約も簡単、14日間の無料トライアルもある
  • 年額払いにすれば利用料金が20%も割引になる

ソーシャルドッグの無料プランは、あくまで体験版だと思ってください。

プライベートで使うなら十分ですが、ビジネスで使うのであれば機能不足です。

Twitter運用を「確実に」「早く」成功させたいなら、1日でも早く有料プランを使うべき。

だらだらと無料プランを使うのはもったいないですよ。

「どの有料プランを使うべきか?」迷っている方は、企業なら「Businessプラン」「Proプラン」。

個人なら「Lite+プラン」の無料トライアルを試してみてください。

今なら14日間無料で、ソーシャルドッグの有料機能を体感できます。

たった2週間でも、あなたが運用するTwitterアカウントの可能性を感じることができるでしょう。

>> ソーシャルドッグの無料トライアルはこちら